ペタの哲学部屋

私ペタ(ハンネ)、が哲学を自重せずに展開していくブログです

一人で生きていける、とは

一人で生きていけるとは

あなたは一人で生きていける
あいつは一人でも生きていける

そんな言葉がある
そしてこの言葉はもっと深く考えた方がいい言葉だ

まず一人で生きていく、とは
どう言う意味なのか

問題となるのは一体
「何処で」一人でも生きていけるかだ

この国で一人でも生きていける
と言う事となると
それはどんな人間か?

この国は人だらけで
この国で生きて行く事は人に頼る事だ

つまりこの国における
一人でも生きていける人
とは特定の誰かでなくても
別の誰かに頼る事が出来る人間と言う事になる
そしてそれがどんな人間かと言うと
友達が多く社交的でなんらかの魅力がある人間だ
また、魅力とは
何処か頼りない、助けてあげたくなる
と言う要素も含まれている

つまり、一人でも生きていける人
と言うのを強そうな人
と考えるのは間違いだ

この国における
本当の一人でも生きていける人
とは
どんなに弱っていても誰かから助けてもらえる人の事で
本当は囲いが沢山、
充分いる人に対しての協力は
募金くらいの価値しか無い

さてでは
無人島で一人で生きていける人とは
どんな人か

動物としては強いが
人間としては弱い人
と言う事になる

なのでパッと見一人で生きて行けそうな
強い人は
この国で一人で生きて行くのが難しい

出る杭は打たれる
と言う事がどう言う事かを考えると

人は壁や建物を見てもあまり邪魔だと思わない
しかし面積の小さい杭は邪魔なのだ

本当は自分と無関係なビルが建っているのは凄く邪魔だが
誰も文句を言わず
ビルを避けて道が出来る

でもそれがビルでなく
突然生えた1本の竹だったら
その竹が折られる可能性は高い

つまり、才能がある人は一人で生きて行くのは協力者が現れにくく難しいのである

しかし生物には生き残る為の本能や戦術がある

めちゃくちゃ邪魔なビルがなぜ許されているのか?
それは組織化され正当化されているからだ
才能豊かなミュージシャンはバンドを組むから才能豊かなミュージシャンとして生きていける

例えば世界一の技術を持ったギタリストが
何の文脈も無しに突然発生したとする
このギタリストは果たして成功出来るだろうか?

多分、それだけでは実際難しいはずだ
なので彼は生きる為に何らかの戦略や協力者が必要になる

場合によってはギターを捨てる事にもなりうる
他の仕事をすれば生きていけるからだ
だが世界一のギタリストがギターを捨てたら
世界一のギタリストとしての人は死ぬ
生きて行けなくなる
と言う事だ

彼は本当にギターを捨ててまで
平凡な生活を手に入れる価値があるのだろうか?
例えば一生成功しなくても
ギターは捨てるべきでないはずだ

出る杭が打たれるのは仕方がなく
ビルの骨組みは野ざらしのままだと錆びて折れる
ならば杭を捨てずに生き残るには
その杭を折り畳み可能な傘にすればいい

折り畳み傘を時々広げ
畳んでいた才能という羽を伸ばし
人知れず飛ばなくては鳥として生きて行けない
それは決して無駄な努力でも
無駄な才能でもない

認められない才能を磨く事に意味は無いと思われても関係ない
生きて行くのに必死なだけだ

金と愛の倫理

大切なのは愛か!?  それとも金か!?

 

関係ない人にとってこの疑問は
くだらなく、どうでもいい事と思うだろう
そういった人にとっては単純な事で
「どっちも必要」でいいじゃん、はい終わり
と考える
でも私は無関係者だからこそ冷静に、
趣味として考える事ができるのかもしれない

 

金と愛問題における無関係者はなぜそこまで淡白なのか
まずはそこから考える

金と愛問題は釣られた魚の話で例えると解りやすい
釣り人が魚を釣ったとする
無関係者はそれをみて、魚に対して強く同情しない
しかし釣り人は気分を良くし、時として魚を哀れむ
そして魚は物凄く苦しむ
金と愛の問題は人と人との間で
釣り針は金、そしてそれに引っかかる魚という愛の感情が苦しむ
問題と言える
魚の立場になってしまっては冷静になるのも難しいかもしれない

 

次に倫理について考えよう

倫理とは何か、それは正義とは何かを問いただす理の事だ

魚が泳いでいた、魚は生きていて色々やっている
魚は正義でも悪でもない
ここまでは単純だ
そこに釣り針が垂らされると急に倫理がややこしくなる

 

ここにカップルが居たとしよう
二人は愛し合っている
ここまでは問題ない

そこで一方が別の誰かを愛したとする
ここで問題は発生して
日本は一夫多妻が一般的でなく一夫一婦が一般的だ
という常識や感覚に引っかかる
なので当然の感情として
大切なのはどっちなんだ?はっきりしろ!と思う
そこではっきりとお互いが決断できれば問題は直ぐに解決する
この状態も、まだ単純と言える
素手で魚を捕まえているようなもので
手放すのも簡単だ

 

次に金が絡んでくると倫理は急に複雑になる

まずは金の性質について軽く述べる
金とは価値の事で、価値とは物事の正当化だ

正当である、という状態は他と比べ負けない
強い、という事で
金属で出来た釣り針は魚の肉よりも硬く強い
だから魚は釣り針の餌食になってしまう、と言う理だ

 

金と愛問題は
愛し合う二人、という常識と
金を使う、という常識が同じ精神世界のフィールドに居る事で発生する問題だ

愛、金、そのどちらも常識によって正当化されているので
その二つの強力なエネルギーは時として絡み合う

 

具体的な例を出す前にもう一度
倫理とは正義と悪、について考えよう

 

完全正義、完全悪について考えるのは範囲が広すぎる
なので一定の範囲で制限して考える必要がある
実験で検証する為に地球全体を実験対象にするのは無理がある
なので区間を狭めてシャーレ内で観察する事になる
シャーレの内壁は法の範囲と考える
微生物にとってのシャーレは人間にとっての法と考えれば充分だ

f:id:petatetugaku:20171116120846j:plain

↑、シャーレはこんな感じの実験器具

 

法を基点にした考え方だと、法の逸脱が悪になる
しかし、正義までは説明できない
法は悪が許される範囲かどうかを示していて
正義に相当する報酬は暗黙になっている
なので、悪とは何かは憲法や法律、常識で計れるが
正義とは何かという問題は個人個人の意志に委ねられる

 

正義が発生する元は「正当化」
という概念だ
金を稼ぐ事、金持ちである事
ルックスが良い事、才能がある事、人気がある事
こういった優れているように見える物事は
人々の暗黙の了解で正当化される
しかし、真実はそれが本当に正しいかどうかは解らない
正当化にも寿命があって
時と状況の変化で意味を持たなくなるが
考え続けるのは大変なので
人はそれが真実かどうかとは別に考える事を止めて
とりあえず盲目に何かを信じる

 

つまり正義について考えると果てがないが
悪については法を基準に定める事ができる
光を光で照らすよりも闇を見つけて照らすほうが簡単だ

法を元にした悪の定義は簡単で
犯罪は明確な悪で、犯罪にならない悪は
それだけ犯罪に似ている行為という事になる

具体的な例をだそう

 

風俗行為は悪か否かを考える

日本ではよく、こういった行為はグレーだ
と言われる、
つまり日本人の感覚では何か黒い物が混じっている
という事で
犯罪行為を稀釈した物が含まれている
その稀釈された犯罪行為を濃くしていくと出来上がる犯罪
それは売春買春、人身売買だ
そもそも人身売買が悪い事かどうかを考えると
ならばもっと濃くしてみると今度は奴隷制度になる
ここまで濃くしてみれば流石に悪だという事も解りやすい

なので風俗行為は悪だ
取りあえず罰に値しない程度の必要悪
という解釈が一般的だ

なぜ「必要」という白い正当化された部分が混じっているのか
正当化されている部分は金だ
金を稼ぐ事と使う事は暗黙の了解で正当化され
人々は金を正義と錯覚している
錯覚する人が多ければ多いほど
相対評価では錯覚していない人が間違っている事になり
間違っている人が増えればそれが脅威になり
間違っていても正しいという事になる

では金が正当化されているので金が絡むと
倫理はややこしくなるという事になる
金には正当化という悪を稀釈し歪ませる力があるからだ

 

では、金が絡まない性行為は悪だろうか
この事は決め付ける事が出来ない

なぜなら私たちの命は性行為によって産まれてきたからだ
正当化されているのは命の価値だ

しかし
生物の誕生はそれと同時に生物の死を表している
そして産まれてくる命が発生を望んでいるかどうかは定かでなく
産まれてくる時代や場所が幸せとは限らないし産まれると必ず死ぬ
必ず死ぬという時点で命の誕生は殺人罪を稀釈した成分が含まれるという事だ
また、産まれてくる命が悪人になるか善人になるかも解らない
時間がたってみれば結果的に重大な悪行をするかもしれないし
善行をするかもしれない

結局の所人を誕生させる行為が悪か否か
という問題についても
悪の要素は必ず含まれているという事になる

なので性行為も悪だ
ただし、稀釈された白い部分は命の重み
という法や倫理における最も価値の高い要素という事になる
善悪、法、倫理がそもそも命の為にあるので
命を正当化しない訳にはいかないのだ

では最後に、金か、愛か
という問題は本当はどうでもいい事ではなく
むしろ人生の根本とも言える大問題という事になる
金で買える物は余りにも多い
何事も金さえ払えば出来てしまう

思わせる事を
闇雲にに正当化されているのが資本主義の闇と言える

本当にシンプルでいいのだろうか?
こんなに大事な事を本当に考えないでいいのだろうか?
考えずに大きな枠組みを盲目に信じ
従う事で失う時間は帰ってこない

なり

ならばか?

過去未来が買えるのか?

金を正当化する事を辞めた時に見える物
その複雑な芸術が愛なのではないだろうか

断捨離は浅い

断捨離は浅い


代謝物の排除で上がるのは

商品価値だけだ

自然は代謝物の循環で成り立ち

人にとって都合の悪い

建物に発生する苔や雑草は

刈り取られなければ調和を始め

美しい環境を作り出す

捨てる神や拾う神と言うが

人を神と思う事は度が過ぎている

拾う神としてゴミ屋敷に住む必要も無いし

捨てる神として捨て続ける必要も無い

人は神では無いので対応力に限界がある

しかし対応できる範囲では

まるで神や自然界の様に循環させる事が

出来る

都合の悪い物を排除し

欲しい物だけを得ようとしたら

動物以下の存在になる

つまりガンだ

増え続ける事により

身勝手で地球を破壊するだけの

悪性細胞に成り下がり

さらに他人に影響力を与え増殖していく


重要なのは得る事でも捨てる事でも無い

循環の法則を理解していき

風通しを良くして行く事だ

割り箸とセロテープの曲芸師

f:id:petatetugaku:20171020193423j:plain

 

芸術の秋という事で

今日は童心に返って割り箸とセロテープで工作しました

 

まぁ、デタラメな作品です

なんでこんな物を作ったのか、問題はそこで

作品はおまけみたいな物です

 

まず「割り箸とセロテープの曲芸師」

というタイトルが頭に浮かびました

 

どういう事かといいますと

 

まず、自分にとってセロテープとは何か

からです

 

セロテープと言えば、子供の頃

はじめて、何かと何かをくっつける道具として

覚えた工具です

 

そして幼い頃、

ペットボトルのキャップを指ではじいて回したり

牛乳パックで船を作ったり

それこそ割り箸をセロテープでくっつけて

何かよく解らないものを作っていました

 

割り箸をデタラメにセロテープでくっつけて作った

おもちゃは余りにも不安定ですぐ壊れます

だから小さい頃、割り箸とセロテープで

いったい何を作っていたのか

なんで作っていたのかを殆ど覚えていません

 

別に褒められたいとか、売れるとか

お小遣いをもらえるでも無しに

ただなんとなく、作りたいから作って

それで満足していたものです

 

大人になってからは

そういった一般的に見て無駄な事を余りやらなくなり

工作をするにしても、何かもっと付加価値を求め

評価が得られない、何かと比べて劣る

という感情から、「やってみよう」

という純粋な感覚を閉じ込めてしまうものだと思います

 

とかく精神的に衰えて考えが凝り固まってくると

安定感、という物を求めがちです

 

しかし、曲芸師、ジャグラー、天才、芸術家、達人、超人

と呼ばれる人達の何が凄いかというと

「不安定な事をやってのける」

という点に集約されます

一度も転ばずに宙返りをする人は居ないでしょうし

凄い事をやってのけた人は

皆、不安定な何かに挑戦しているのです

 

そして、そんな不安定な事への挑戦心は

老いと共に薄れて行き

どんどん腰が重くなっていきます

 

それは、客観的な評価に囚われているから

出来る事ばかりやってしまい

新たに挑戦しようという気持ちが弱くなるのです

 

客観的な強さにばかり囚われていると

がちがちに固まってしまうか

勝てる確率の低い勝負に挑まなくなってしまう

そうすると、どんどん鎧ばかりが重くなっていき

結果的に自らの自由を奪ってしまうのです

 

曲芸師は鎧なんか重いから着ません

練習の段階で何度も怪我をするでしょうが

それでも、咄嗟に受身を取り

すぐに立ち上がり、怪我をしても

まさに折れた割り箸をセロテープでくっつけるようにして

また新たな事に挑戦していきます

 

継ぎ接ぎで作っていった自分という物に

前例がある必要なんて無くて

そこにある物で出来る事をしていき

失敗してもセロテープでくっつけてごまかしていく事

それが、達人として技を極めていく挑戦者の姿勢ともいえます

 

一見矛盾する相反する事を同時に成し遂げる事

それが極みという物で

弱さと強さ

成功と失敗

それらを掌握する事が本当の強さと言えると思います

 

たとえば、ロボット相撲みたいな競技で

周りの参加者は最新鋭のパーツを駆使して戦っている中

あえて、割り箸で作ったロボットに

合気道的なプログラムを組み込んで

鉄で出来たロボットを倒す事が出来たとしたら

まさにロマンだと思います

 

本来弱いはずの者でも

修練と技法、そして勇気と発想をもってすれば

常識は覆す事が出来る

そんな道を目指す事

それこそある種の理想的な武道だと思います

 

何かと何かをくっつけて何かを作る時

鉄なら硬くハンダである程度頑丈に固められるけれど

ハンダで工作するのならハンダゴテ、フラックス

ハンダ、熱の危険を配慮した環境が必要になり

アーク溶接までするなら、講習ともっと値の高い工具が必要になります

しかも、いまどきブリキの玩具を作っても

そう簡単に利益を出す事は出来ないでしょう

 

そうやって、無理な理由、難しい理由、意味が無い理由を探すから

結局なにもできなくなってしまいます

 

小さいときは回りの評価なんて気にしていないから

別にセロテープと割り箸でよかった

そういった純粋な気持ちが挑戦心を生む

そんな事をいつかの自分や他の誰かに伝えたくて

下らない物を無我夢中で作ってみました


 

「べき論」VS「めんどくさい」

 

人間は誰しも何かしら良い変化を求めている
仮に生活のあらゆる部分に満足していたとしても
明日は雨より晴れたほうがいいとか

もうちょっと楽したいとか頑張れるようになりたいとか
願望の大小はあれど人生を変えたい、というのは誰しも思う事だろう

 

人生を変えるという事を具体的に考えると
習慣を変えるという事になる

 

ただ、あれがいいからこうしろとか
部屋は綺麗にしとけ、金は稼いでおけ
身だしなみを整えろ、愛想よくしとけ
等と誰かに言われたとしても

大抵はめんどくさい

と思うだろう


けれどもし

よほど面倒見がいい人と常に生活していれば
そういった習慣も身につくかもしれないし
それこそ軍隊か何かに入って叩き込まれれば
身にはつくだろう

 

これは
他人や社会から来る拘束力というのが
個人の意志より強力だという例とも言える

 

だから自衛隊に入れ、と言われたとして
大抵の人は、「嫌だよ、しんどいから」
と思うだろう
しかし、実際入れば、恐怖心や信用の持つ力に支配され
嫌でも上官の言う事を聞くようになる

 

さて、では、自分で自分をコントロールする事を考えた時
自分に軍隊の上官並みの支配力があると思えるだろうか

よっぽど意志が強くストイックでなければ
基本的に人は自分に甘いはずだ

例えば、自分の分身を育てていると考えた時
どうやって幸せな人生を歩ませるだろうか

 

その一つのやり方として、上記のような支配力を行使する
というやり方もあるが、他のやり方もあって
スパルタ教育だけが教育でない事は
自分をコントロールする事でも同じだ

 

自分に支配力を行使する場合、エネルギーの衝突が生まれる
実行しろ!と自分を叩くエネルギーに対して
嫌だ!めんどくさい!というエネルギーがぶつかり合う
行動力と「めんどくさい」の対決がどちらに傾くかは力の大きさ次第だが
対立してる分時間の無駄とも言える

 

仕事の頼み方にも色々あって
受け入れてくれるように工夫したり
報酬を増やしたり、もっとやりやすい仕事を提案する事がある

自分という部下を上手く導く
上司としてのノウハウも確かに大事だ

 

だが、もっと大事な事がある
それは会社の仕組みと部下の生命力だ

 

ちなみに経営はあくまで例えで、
これは個人の人生におけるセルフコントロールの話だ

 

仕組みの部分としては
生活を見直してみて、食器洗いに精神力をそがれているなら
いっその事洗浄機を買ってしまう
靴が磨り減っているのなら、歩きやすい物に変える
、等、コストを支払う事によって効率化を図る手段といえる

 

そしてそのコストそのものが生命力と言える
お金を使うと手っ取り早いのは
お金を使う事によって、他人の生命力を利用できるからだ
、なので財力も行動コストとして使える生命力の一部と考える事ができる

 

元気があれば何でも出来る
とはよく言ったもので、頭の善し悪しや金のあるなしに限らず
気力と体力があふれていれば、ごり押しで大抵の事はできる

 

気力の上げ方は、それこそ魔法みたいな物で
やる気が出てくるような事を言葉や儀式でやればいい
このブログでは今更な気がするので、今回は特筆しない

 

気力を上げる時、無尽蔵に力が溢れてくるように錯覚するが
冷静に考えるとそんな事は無いだろう

 

人は内蔵してるカロリーを消化する時
臓器を働かせている
そしてそんな臓器の大抵は神経が通っていない
臓器からエネルギーが脳に送られてくる場合
よく解らないけど、どこからとも無く力が沸いて来る
と思うのは
つまり脳と直接繋がっていないので臓器の疲労に気がつかないのだろう

 

ようするに、テクニックを用いて
気力を底上げしすぎると
それだけ臓器にかかる負担が増えてしまう
人は考え方しだいで、過労死するくらい気力を上げられるという事だ

 

そういった事を踏まえると
今度は、頑張りすぎは良くない
という結論に結びつく


行動力の対として内側から沸いて来る「めんどくさい」
という感情は、生命維持のための感情で
ある程度正しいと考えられる

 

では、人は本当に「めんどくさい」
とばかり考える生き物なのだろうか

 

それは違う、人は力を持て余すと退屈する生き物だ

 

最終的に結論として
習慣を改善し自ら人生を豊かにする為に最も効果的なのは
「退屈するくらい元気になる」
という事だ

 

単純なこの結論に至るまで右往左往した事にも意味があって
あれをしなきゃ、これをしなきゃ
どうすればいいんだろう、何が正解なんだろう
という悩みを消化できた事だ

 

「べき論」VS「めんどくさい」
という戦いのルールを見直した事によって
優先すべき感情をより公平に審判ができるようになった

そうする事によって無駄な衝突を避け
思いっきりだらけたり
頑張ったりと切り替える事が出来る

この文章自体がそんな居合い術のような技術の確認ともいえる

 

勇気VS~勇気VS~~

意地♪

f:id:petatetugaku:20171019105943j:plain

サボる勇気!、、がんばる意地!!

的な?

余命宣告された人への提案

こんにちは

私は今別に余命宣告されてない健康体ですが

ただ何と無く空想にふける癖があるので

余命宣告されて、やってみたい事は何か

協力させてくれ、と言ってくれる人がいたとしたら何を望むかを考えた

中々いいアイデアだと思うので

もし切羽詰まった人が読んだとしたら参考にして頂きたい


以下がその内容


もしも死ぬ運命が近づいてきたら

例えばガンだとしたら辛くてリスクが大きい抗がん剤治療をするよりはモルヒネを打ちたい

そしてもし協力者がいて自分の提案を受け入れてくれるのなら

自分の人生を濃くする為の計画を実行してほしい

その計画とは

まず、自分が誰かと会う、あるいは連れてきて貰う、そして遊ぶなどして親睦を深め

自分がその人を信頼したとする

それが第一段階で

信頼の印として計画をその人に伝える

計画の第二段階は単純で

信頼してくれるなら

その証としてハグして貰うと言うもの

そして次の段階として

ハグして貰える友人が増えたら

今度は友人を集め友人同士で親睦を深め

また計画の二段階にループし

積極的な人はその人の友人も連れてきて貰う

この作業を効率良く実行すれば

手っ取り早く良い人生の集大成が出来上がり

後世に素晴らしい贈り物も出来る

宮本武蔵になりたくない

 

五輪書の解説本を少し立ち読みした
そしてその一部分だけ読んで
今この本は読みたくない、と思った

ざっくりとどう言う内容かと言うと


武蔵曰く兵法は勝つ為にある
そして出世する為にある
その為には他者より優れた部分を示す必要があり
自称武芸者が大道芸をするのは生兵法は大怪我の元だ
と言った考え

 

宮本武蔵と言えば英雄視されがちとは言え
はっきり言って殺人鬼だ

吉岡道場の50人対一人で勝ったと言う伝説があるが
要は道場稽古の偽物の剣術では
本当に人を殺し続けた狂人に敵わない
と言う事

 

さて、では本当に宮本武蔵はただの殺人鬼だったのだろうか?

この世には「ただの」殺人鬼は居ない
衣食住、人間的な部分も当然ある

 

彼は仏像を掘った
その辺りに人間性を感じる

 

何故仏像を掘ったのかは容易に想像がつく
、それは罪を償う為の儀式だ

 

彼は大量殺人を行い
その罪悪感から逃れる為に仏像を掘った
しかし実際、仏像を掘った所で
当然、死者が報われるわけでは無い

 

映画「皆さま、ごきげんよう
に出てくるシーンで
戦争で散々好き勝手悪事を働いた兵士達が
キリストの洗礼の儀式で罪を償い
平然としている描写があって
信仰心を痛烈に風刺していた

 

祈って水かぶってハイオッケー
なんて事ある訳がない
ごめんね!で済むような罪じゃない

 

それでも儀式には罪悪感から心を解放する力がある、事実とは別に
本人の心は確かに安らぐのだ

 

それと似たような理由で
宮本武蔵は仏像を掘った
罪悪感が苦しくて仕方がないからだ

 

しかし木で出来た仏像が幾ら増えた所で
死んだ人は生き返らない
仮にクローンとして再生した所で
罪は消えない

 

儀式には罪を償う力がある

宮本武蔵になりたくないと思ったけれど
その逆にはなりたいと思った

 

要するに、罪を償う儀式をしたいと思った

 

実は文化には大きな罪がある


身勝手な都合の押し付け合いで手に入れた金を使って、虐殺され続ける家畜の肉を楽して食い続ける事は明らかな罪だ

 

自然の理として、飢えに苦しむ獣は
必死に獲物を狩り、
命を繋ぐ事に全力で生きる

 

しかし文化に生きる人間はとても卑怯者なので楽をしている

けれどいくら罪深いからと言って
本当に文化を破壊したいわけでは無い

 

願望は実現すると言われているが
創作物は本当に実現してしまわない為の
儀式として扱われる事がある

取りあえず演技で済ませる
それが儀式だ

 

そして私が思うに
文化的な罪を償う儀式が
格闘技だと思っている

 

人間は動物だ、卑怯に生きる事が正義では無い、動物としての闘争本能を思い出せ
、金や権力、地位など紛い物で生きる為には拳で語るしかない、と言う事を表現する儀式だと思っている

 

儀式は偽物だからいい
現実化してしまうとより多くの罪を重ねてしまう

地球や人類が滅亡するドラマは
滅亡してほしい欲望が
偽物で解消されるから意味がある

願望を実現させない為にも
儀式は必要なのだ