ペタの哲学部屋

私ペタ(ハンネ)、が哲学を自重せずに展開していくブログです

「チーズはどこに消えた?」と「失踪アル中病棟

「チーズはどこに消えた?」

を今日読んだ

「失踪アル中病棟」

は以前図書館で少しだけ読んだ


変化は確かに怖い

しかしよく考えてみれば自分が

持っていたのは恐怖心では無い

その先に痛みしか無く

ただ傷が悪化する事を知っていただけだった

恐怖心が無かったらどうなるか

その答えはより多くの痛みを生むだけと言う事

ヘムが変われなかった理由はヘムには無い

作者がそう言う人間だと決めつけ

考えを改めなかったからだ


作者は心理学者で

心に病を持っていたからこそ

この本を書き上げ

同様の病を持つ者達は賞賛した

その病とは、贅沢病

贅沢な豚の様な暮らしの中

何か徳の高い事をしたく

同じような贅沢者に餌を与えるままごとをしていたに過ぎない

そして偽物の冒険をする

いつまでも救われるべき者を救えないまま

事を済ませていた


酒を飲み眠り

悪夢と無呼吸で目覚め

窓を開けたら

外では振り込め詐欺の被害を警告する放送が流れていた

振り込め詐欺は集団で組織化されている

しかしやっている事はニートと同じ

たかる相手を親族から別人に変え

規模を大きくしただけで

ただ被害に遭わない様に警戒する人は

自らがその種を蒔いている事に気が付かない


本質を理解しなくては

範囲、規模を大きくした所で

より多くの痛みが他のところに流れるだけだ


必要なのは変化を恐れない心では無い

生き残る手段だ


私の父は最近、若き日の栄光を再燃焼させ

棒高跳びで無闇に飛ぼうとした結果

足を壊し、より多くの痛みを抱える事になった


本質を理解した自分に出来る事は何だろう

それは贅沢者には出来なかった事

それは怪しい占いの様な事かもしれない

暗い場所に自ら光を灯し

救う価値の無いと呼ばれるような

本質的に救われるべき者を救う事


必要なのは強さ

物事を乗り越える為の実質的な体力

そして衰弱した状態を切り抜け力に変える狡猾さ


著名な心理学者がベストセラーを出版する最中

自殺未遂、アル中病棟の日記を出版する者もいる「失踪日記アル中病棟」

表があれば裏がある事

それが本質


現実とどう向き合うかだけが答えでは無い

問題はいかにして強者に勝つか

現実と言う魔物に勝つかだ

無謀に走った結果はたかが知れてる

それがリアルであればあるほどに

痛みが増す事になる

時として必要なのは

現実から逃げおおせ

虎視眈々と力を溜める狡猾さ

勝てない戦いに挑まない事は

孫子の兵法だ

逆に

宮本武蔵はそんなえせ兵法者を狩る狼

だったのかも知れないし

勝てると解っていただけかもしれない

ただ、もし伝説が本当だとしたら

彼が強者であった事は間違い無い

本人が何を思うかはわからない

強者ほど猜疑心も強く

自らの強さを疑うものでもある


依存者にとってのアルコールや薬は

贅沢者の嗜好品とは似て異なる

それは現実と言う痛みから逃れる麻酔であると言う事

だから病棟に隔離しそれを絶った所で

痛みが増し、狂い、悪化していくばかりでもある

アル中病棟の作者が求めて止まなかった事は

兎にも角にも努力が認められると言う事

実らない努力をする程傷は広がり

より多くの努力でより小さな結果になるが

やるしか無いので人生に挑戦し続ける

しかし彼の狡猾さを認めるなら彼は

自らの失態を描く悲惨で陳腐な本を出版してでも目的を達成しようとした事

その後の事は知らないが

認められたくても認めてもらえない苦痛は

自殺未遂を平然とした日常として捉えていた

妻とのエピソードに現れている

どうせ死にはしないだろう

と言う楽観が間違いである事は

実際の自殺者が証明している


ネズミや他の動物、本で言う所の単純さを持つ者は

飢餓から逃れられない場合

最終的に共食いをする

場所を変える、と言うのもある種の手段ではあるが

生き残る手段はもっと多種多様

一見して毒キノコが案外食えるかもしれないし

ルパン3世の様な狡猾さを持ってすれば

牢獄から逃れられるかもしれない

迷路にあるステーションだけが居場所では無い

その外にはもっと広い世界がある


勇気が必要なのは

勇気を持つ事で何かが可能になるが

それに気がつけないか

恐怖心を隠し嘘をついている者

つまり儲かるカウンセラーにとっての

儲かる客


そう言えば終盤のディスカッションで

正直に恐怖心を認めたのはごく少数派だった


自分に必要なのは努力して仕事をする事を

親に見せる事じゃない

親に認められる事は自分の目的ではなくて

両親の目的だ

単に親孝行で献身的な姿を見たいのだろう

でも自分は親孝行者では無い

恨みの種を植え付けられていて

時々悪夢でそれが芽吹く事を知る

不都合や苦しみが

そのまま生き延び、逃れられない事もある

しかしアル中病棟の作者がそうであるように

そんな化物を手なづける事も可能


作者は心理学者でクライアントを喜ばせる術を知っていた

それがチーズだ

そうやってネズミに餌を与える様にして

自分の陣地に読者を引き込む

人をネズミに仕立てる

皮肉がこもったある種の実験とも言える


今の自分がチーズの走り書きの様な事を書くならこうだ

借金を踏み倒しても死にはしない

死なないよりマシだし

盗まないよりマシだし

誰かを殺さないよりマシだ

仮にそれ以下だとしても

上には上があるように

下には下がある

宇宙に上下は無いので

永遠に生きる神は

最強者であると共に

永遠に死を恐れる最弱者だ