読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペタの哲学部屋

私ペタ(ハンネ)、が哲学を自重せずに展開していくブログです

弛緩と収縮の考察

昨日、消力(シャオリー)の記事を

酔っ払いながら適当に書きましたが

 

それで真の消力(シャオリー)とは

愛だ

 

と結論に至りました

 

愛の他にも相関性のある言葉があるので

箇条書きでまとめます

順番どおり並べてました(癖です)

 光、離脱 、解放 、理解、愛  、消力←弛緩:収縮→剛力、恐怖、集中、焦点、消滅、闇

 

多分こんな感じの関係です

 

光の反対が闇だとして

光が速いから闇は遅い、

と思うかも知れませんが実は

多分違います

 

これは量子論とか宇宙論とか

私にとってはレベルが高すぎる話しなので

多分、としか言えませんが

闇の正体である波動?は

重力波グルーオン

と言うのがあって

それは光と同じ速度で進むらしいです

 

大事な事は、物事は常に相対的で

偏り過ぎると困る、と言う事です

 

愛  、消力←弛緩:収縮→剛力、恐怖

この辺に話しを戻しましょう

消力→愛 、剛力→恐怖

と言うながれは、技→心

の流れになってます

 

そして何事も心技体が重要なのですが

体が抜けてます

 

最終的に筋肉の弛緩:収縮

と言う根本を考えなくてはなりません

 

漫画、バキ 

確か28巻で

消力の達人と、最強の生物、範馬勇次郎

が戦って、勝敗結末はともかく

余りにも強すぎる力で消力は敗れます

 

極端に考えなくても当たり前の事です

人間の体は引っ張り過ぎると

千切れてしまいます

 

心の話しで愛が弛緩させる為の技

その逆が恐怖心で

この感情は痛み止めのような

麻酔効果があります

しかし麻酔が切れると問題があった場合

また痛みます

 

昨日脳内で痛みを消す方法を思いついて

それは、痛みや恐怖、不安、自他

全てを愛す

と言う酔狂じみた精神論なのですが

 

今日眠りから目が覚めて

ひどい腰痛で、その事(麻酔)を思い出しました

 

最後に

何事にもリスクリターンがあって

どんなに考えても

難しい物は難しいし

痛い物は痛いのだなぁ

と言う感想で〆ときます