読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペタの哲学部屋

私ペタ(ハンネ)、が哲学を自重せずに展開していくブログです

歪みと強者の考察

整体に行ってヘルニアによる骨格の歪みと痛みがある程度直り
非常に助かったので
確かな技術を持つ整体師さんに感謝しつつ
歪みについてまとめてみました


ここでは歪みについて
広い視野、中立的な立場で考え述べる

まずは字から、不正 と書いてある
ようするに正しくないという事

そしてこの正しくないこと
正しくない部分、歪み
このような現象、人間にとって歪みは必要不可欠な
重要な役割がある

例えば

正正正正正正正正正正正正正
正正正正正正正正正正正正正
正正正正正正正正正正正正正

この用に正しいものが整列していると
人はそれを脅威に思え、離れたくなる
軍隊や警察が規律や身だしなみを整え
硬い印象を与えているのはそれを畏怖の存在として
印象つける意味合いものあるかもしれない

次に
正正正正正正正正正正正正正
正正正正正正正歪正正正正正
正正正正正正正正正正正正正

このように一部だけ歪みがあると
そこは着目され、人は興味を持つようになる
そして、その歪みが直せないか考えたり協力的になったりする

人と言うの生き物は、農耕を初めた由来として
協力しあう本能が備わっている

育てた作物に歪みがないか
集団において歪みがないか
そしてその歪みに対し、
協力的になるか、あるいは価値を見出すか
または嫌悪し排除するか
そうやって社会は秩序を保たれていった

ただ、排除する、という手段は
出来るだけ取るべきでなく
その人間に利用価値を見出し役割を与える事が
社会において理想的でもある

なので強い人間、不正を見極められる人間、歪んだ人間
というのは、脅威として排除されるよりは出来るだけ
秩序を守る警察のような役割や
狩人、医者等、その人に適した役割をになう事が望まれている
なお、現代では人それぞれの役割の種類が多すぎるため
ベストな役割というのは一概に断定できない

なんにせよ人には自分自身の個性に気づき
社会的になんらかの役割を担う事によって
社会に認められようとする生存本能が備わっている
そして、その役割、つまり解決できる問題を本能的に察知し
それをどうにかしたくなる、というのが人間の使命感
という感情と思われる

人間が根本原理として何を望んでいるかというと
本来は生き残る事だったかもしれないが
現代では、集団または個人が成長する事を望んでいる

この成長願望というのは
どんな謙虚な人であれ人間ならある程度ある

成長願望の根源としてあるのが痛み
この痛みを解消し、次は痛い目に合わないようにする
というのが基本的な成長システムといえる(逆に快感で成長する事もある)
理屈だけでは会得できない習慣や技も
痛みを経由すればそれに対応せざるを得なくなる
だからといって鉄拳制裁は好ましくない
その制裁が正しいかどうかというのは基本的に判別不可能だし
与えなくて良い痛みを与えるというのは誤解や復讐心を仰ぐからだ

結局の所、人間というのは他人を助けたがるし
他人に助けられたがる
そんなふうに出来ている
そして人が人を好きになるのは
大抵どこかに好意的な歪みを見出している場合が多く
人が人に依存するのもどこかしらその人の歪みに執着している事が多い

余談だが、笑いが発生するのも
なんらかの歪みを認知して
その事に愛着が沸くからと思われる

また、この歪みが無いというのは
つかみどころが無いという事でもある
そして歪みがなくなり、掴み所が無いほど人は強くなり
同時に孤独になりやすくもなる

痛みや学習によって人は強くなる
そしてその痛みや解決法が解るというのは
それだけやさしくなれるという事でもある
この、やさしくなる、というのが
強い人間が社会で生き残るための手段になる


最後に、私は現在
地球上で最強の生物は人間だと思っています
まず、そもそも人が一番地球を支配しているという
現実がなによりもそれを物語っていて
そしてその、人間もつ力というのが
五行を扱うのに最も適した体を持っている事だと思います
人間の体は五芒星の形をしていて
頭(木)右手(火)左手(水)右足(土)左足(金)
これらに対応した理にかなったフォルムをしているので
最終的に人間が強くなるには、人間としての力を発揮するため
五行のバランスを取る事が理想的だと思います

金剋木(ごんこくもく)金属製の斧や鋸は木を傷つけ、切り倒す
といのは、人(木)は刀(金)で切られると死ぬ
というような意味とも取れ

木侮金 (木の度が過ぎると金が負ける)
とい事については、
余りに大きい木はナイフでは倒せない、とも取れるが
木を達人に例えると
私はその達人を風と例えるのが妥当と思います
木行は風の意味もあり
風のような達人を相手にしていれば刀は空を切ってしまう

心でも似たような事が言え
豊かさ(木)を切り裂く価値基準(金)も
さわやかに受け流せるような風の境地になれば問題ない
と言うこと

木行を風として考えると社会現象としては、ブーム、流行
技の性質としてはスピード
と当てはめられると思います
けれども長くなりそうなので
木行については後々考えていこうと思っています

究極の人間関係と会話術

私は割と多分コミュ障です

そして今その原理を理解した気がします

 

まず、私はあまり言葉が苦手ではなく

より適切な言葉を選ぶ事ができ

それでいて推理力、考察力

洞察力もあるので

相手の気持ちも言いたい事も

良くわかります、というか解り過ぎます (やっぱ微妙

し発想の柔軟性もある方です

 

けれどもどうやらコミュ障です

 

この話に既についていけないか読んでいて疲れる人もいるのではないでしょうか?

 

そうです、正にこの部分が間違っていた

ようです

 

私がやってしまいがちなのは

子供とキャッチボールをして遊ばなくてはならないのに

野球の専門書で知識をつけ技術を見せているような事です

 

けれども子供とキャッチボールをして遊ぶとして、緩い球をただ投げたり取ったりすればいいわけでもなく

 

レベルを合わせる、と言うのも疲れてしまい

本来ストレスを減らす為の人間関係が

かえってストレスになってしまう

という現象を懸念せねばなりません

 

例えば、大学生のノリ、宴会のノリ

お祭りのノリ、そんなノリを続けていたら

確実にストレスが溜まります

耐えられる人はタフな人だけだと思います

 

会話術として、よく聞き上手になる

と言うのがありますが

どうやらそれだけではダメなようです

例えば相手が好きそうな話題を推理して

引き出したとします

とりあえず鍵は開けれたとして

その会話の引き出しを無闇にあけると

たまに興味のある話しも出てくるかもしれませんが、

延々とその話しを続けてしまい

結局耳が痛くなるだけでつまらなかった

と言う事がよくありました

 

この、引き出しを開ける、というスキルは

無闇やたらと使わない方がよく

知りたい時だけ小出しにするのがいいのかもしれません

 

そして、究極の人間関係とは何か

と言う疑問について

 

人間が多種多様である以上

当然確実な正解等無いでしょうが

 

より良い人間関係の共通点として

バランスが良く、話し過ぎない、

さらに言えば、一緒にいるだけで心地がよく

適度な刺激もある

と言う事が上げられると思います

 

なので良い人間関係を築く為に

意識していこうと思うのが

引き出しの開け閉め、

キャッチボールを理想とするのでなく

 

暑ければお互い自分のペースで団扇で扇ぎ合い、寒ければ焚き火で暖め合う

そんな関係を目指すべきだと思いました

 

なのであまり確信を突くような事や

センスのある笑える話し等、優劣を決められるような言葉では無く

 

時としてそよ風の様に、時として水風船の様に、時としてスーパーボールの様に

猫じゃらし、マーサージ機、ジャグジー

駄菓子、玩具のように、

たまにカッコつけたり

たまにコケたり

そんな会話を心がけるのが大事なのかもしれない、

と、まぁ真面目に語りました

 

 

ドラゴンボール社会学概論

概論の部分はカッコつけてるだけです

 

さて、なぜドラゴンボールなのか
それは
人間関係において理想的状態
というか、強くなり成長していく志を持った男にとって理想的な人間関係は
ドラゴンボールの悟空のようなものでは無いか
と言う仮説を思いついたからです

 

普通、強くなる、成長する
ステータスが上がるにつれて人は孤独になる
それは社会的に出る杭は打たれ
嫉妬され、頂点に立つ者は引きずり落とされるからだ、盛者必衰とも言う

 

けれども悟空はありえないほど強さがインフレしてるのに、バキの範馬勇次郎のように孤独にならない
悟空の生き方を説明する前に
まずは社会において嫉妬や出る杭は打たれる
と言う現象を説明しよう

 

誰もが足を引っ張りあい
実力が歪められる事はよくあり
確かに不公平で腹立たしくはなる
が、何事も腹を立てては理解できない

 

結論から言うと、
それが正しいかどうかに関わらず
そう言った一見無意味な批判
抵抗、落とし入れは社会的に必要である

 

正しいのに落とされるのは確かに悔しいが
もしそんな抵抗が無かったとしたら
どうだろう
人がやってる事が正しいかどうか
と言う判断はその人と同等かそれ以上の理解力と時間が必要になる
一々それを判断していたら
何かをしている人間は勝手に先に進んでしまう
判断しようがしまいが
思考と前進に一旦待ったをかける
防波堤のようなものが社会には必要になる

 

極端な例ではガリレオ 地動説がある
彼は正しかったのに時代がそれに追いつけず
彼は処刑されてしまった
かわいそ過ぎる人物ではあるが
もしガリレオが認められていたら
現代の歯車がどの様に作用しているか解らない


もしかしたら
ガリレオが認められてしまっていては
破綻の運命をたどっていたのかもしれない

別にそんな運命にはならないにせよ
社会、と言うシステムにおいて
真偽に関わらずとりあえず叩いておく
ファイアウォールが必要でそれが用意されている

 

この事は水と水槽の関係に似ている
水槽と言う否定、批判、常識
と言うものがなければ
人は自由になりすぎてしまい
管理ができなくなる
放任し過ぎると法律が通用しない
世の中が完成してしまうのだ

 

さてようやく悟空に話しを戻そう
彼は何を隠そう
その水槽をことごく追い越していき
それなのに人望が厚く
最強クラスなのに平等な人間関係を築いている

 

現実の社会でも似た様な雰囲気を持つ人たちがいる、全てではなく比較的そんな傾向にある気がするだけだが
それは中卒で成功している人達だ

 

悟空の生き方と中卒で成功する人の生き方は似ている、その共通点はようするに
型破り、と言う事

 

悟空は幼少期、最低限の言語と武術を学び
育ての親は早くに亡くなり
野生の世界でたくましく一人で生きていた
文明を知らず、文明に頼らず
幼少期の頃からそもそも一人で生きていける位強かった

 

そこで初めてブルマと言う少女に出会う
確かこの時悟空は13、ブルマは16才位だった気がする
ここで初めて悟空は女の人間に出会い
様々なタブーとお仕置きをされながら
女性と男性のあり方を学ぶ
社会的なルールにとらわれず
とりあえず自分で実行して反省して
人付き合いを覚えた
と言うのが常識人とは根本的に異なる点だ
つまり悟空は自らが実験台になって
トライ&エラーを繰り返し
自分が幸せになれる方法を学んで
いったのである

 

そんな生きた経験と
類いまれなる強さ、勇敢さを持ち
卑屈にならずに生きてきた結果
悟空は悟空にとってもっとも
都合のいい人間関係を築けるようになった
のである

 

それに比べエリートであるベジータ
良い人間関係を中々築けなかったが
悟空と関わるようになって
今は立派なパパさんになっている

 

最終的に物凄く単純な結論になるが
良い人間関係を築くには
楽しむ事
卑屈にならない事
少しだけ反省する事
なのかもしれない

 

悟空の場合
反応のレベル、つまりあまり考えないで
卑屈にならず、少しだけ反省する
そして根本的な思想として
自分が楽しくなるにはどうすればいいか
と言う事を常識にとらわれず
自力で磨いていった倫理観で判断している

 

彼に習うには
やはり自分をよく見る事
挑戦する事
そして楽しむ為に強くなる
と言う事なのかもしれない

 

かめはめ波を哲学する

この記事は

ドラゴンボールに出てくる必殺技

かめはめ波を考察して解明していくという

余興である


ぱっと見かめはめ波は光を放って入るように見える、例えば、ビームとかレーザーとか

けれども私の考えでは

かめはめ波は光こそ放って入るが光じゃない

波、と言う字で誤解してしまうのであろうが


光だとしたら軌道が見えるはずがない

かめはめ波は明らかに進んでいる事を

視聴者が認知出来る


結論からしておそらく、かめはめ波

プラズマ

そしてプラズマを発生させるだけでは

放出にいたらない


なのでプラズマを発生させ

それを極限まで圧縮させ放出させているのだろう、これなら10倍かめはめ波も説明出来る


そしてどうやってプラズマを発生させるか

彼等は気と言う概念を扱っている


ただ、別に扱える、操作できる物質が

気でなくても何であっても、

超振動させ

それを圧縮し放出すれば

かめはめ波は完成する

追記、

プラズマは電離によって発生するらしいので

必ずしも振動とは限らない

分子が引き剥がれる事によって発生するらしく、過去記事の離脱うんぬんの理論が関係してくるかもしれない


なんにせよ

つまり気とは

なんかよく解らないけど

動かせる物質

という事になる


その

なんかよく解らないものを

よりたくみに、激しく利用できるようになれば、かめはめ波が使える

と言う事


逆説的に考えて

人間がよく理解していて

それなのに上手く扱えない物を考えればいい


流石に結論を出すのは難しいようだ

けれども

たまに言葉を知っていても上手く扱えない

とか、何かに酔狂していて常人よりはるかに理解している

なのに上手く扱えない

そういう、言うなれば変わり者

と言うのは何処にでもいて

そう言った人は

何か妙な期待感を抱れるものだ


まぁ常識人にしろ変人にしろ

結局はコミュケーションに

何らかの摩擦を感じ生きている事に

変わりは無い


よく理解しているが

上手く扱えない

それは人間そのものかもしれない


つまりその逆を扱う技

おっとこれ以上は辞めておこう


なるほど、まぁそういう事ね

一番大事な事

一番大事な事は

生きる事です

以上

 

さっき買い物に行ったら

なんか腰痛と疲労で体がふらふらで

頭が冴え過ぎるような状態に陥り

 

物事が理解出来過ぎて気分が悪くなってきました

そしてその原因と対策も理解しました

私はこの現象を克服するために

本能的にこの理論を記事にしていたのだと思います

 

収縮と弛緩の理論が対策です

 

光、離脱 、解放 、理解、愛  、消力←弛緩:収縮→剛力、恐怖、集中、焦点、消滅、闇

この、収縮と弛緩を基点に現象が広がる現象(表現しにくい)

 

離脱、消滅 の所まで進んでしまうと人は死んでしまいます

心と体は一体ですから心もそうです

 

つまり、何でも理解できてしまう状態というのは

解放→離脱 に近づくという事なので

心が解放しすぎると離脱してしまい

そうならない為に、愛で留めるか

あるいは恐怖で退くか という生存本能が働くみたいです

 

理解しがたい、そしてそれが怖い

と思うのは、離脱にいたらない為の生存本能です

なので理解しすぎにも気をつけたほうがいいと思います

そして理解するなら、その対策まで用意しないと

大変な事になってしまうかもしれません

 

一応、言葉というのは、心その物ではなくて

それを切り取った物なので、言葉を発信するだけなら問題ないはずです

 

さて五行思想にまた頼るのですが

というかこの五行、まじでヤバイ気がしてきた

これってオーパーツなんじゃね?

古くに出来た思想なのに、使ってみるとオーバースペック過ぎる

 

この理解しすぎる現象は

火行(情熱)の暴走です

つまり消すのに必要なのが水(感覚)

 

私がこうやって理論公開している理由や

人々が情報を発信する理由

それは認知欲求という感覚の水を求めているからだと思います

はやい話、ただ認知されたい、評価されたい、というだけです

その感覚が負の場合火を消す効果はより強くなるのですが

火(情熱)がまったく消えてしまうのも問題な場合がある

ので難しいです

 

さて、こうやって記事にする事によって

私は解放に向かいつつある心の火を理解まで調節できたようです

あと、木にとって食料が水であるように

人の体に食料を与えると

心に水が注がれます

という事で腹減ったので飯にします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弛緩と収縮の考察

昨日、消力(シャオリー)の記事を

酔っ払いながら適当に書きましたが

 

それで真の消力(シャオリー)とは

愛だ

 

と結論に至りました

 

愛の他にも相関性のある言葉があるので

箇条書きでまとめます

順番どおり並べてました(癖です)

 光、離脱 、解放 、理解、愛  、消力←弛緩:収縮→剛力、恐怖、集中、焦点、消滅、闇

 

多分こんな感じの関係です

 

光の反対が闇だとして

光が速いから闇は遅い、

と思うかも知れませんが実は

多分違います

 

これは量子論とか宇宙論とか

私にとってはレベルが高すぎる話しなので

多分、としか言えませんが

闇の正体である波動?は

重力波グルーオン

と言うのがあって

それは光と同じ速度で進むらしいです

 

大事な事は、物事は常に相対的で

偏り過ぎると困る、と言う事です

 

愛  、消力←弛緩:収縮→剛力、恐怖

この辺に話しを戻しましょう

消力→愛 、剛力→恐怖

と言うながれは、技→心

の流れになってます

 

そして何事も心技体が重要なのですが

体が抜けてます

 

最終的に筋肉の弛緩:収縮

と言う根本を考えなくてはなりません

 

漫画、バキ 

確か28巻で

消力の達人と、最強の生物、範馬勇次郎

が戦って、勝敗結末はともかく

余りにも強すぎる力で消力は敗れます

 

極端に考えなくても当たり前の事です

人間の体は引っ張り過ぎると

千切れてしまいます

 

心の話しで愛が弛緩させる為の技

その逆が恐怖心で

この感情は痛み止めのような

麻酔効果があります

しかし麻酔が切れると問題があった場合

また痛みます

 

昨日脳内で痛みを消す方法を思いついて

それは、痛みや恐怖、不安、自他

全てを愛す

と言う酔狂じみた精神論なのですが

 

今日眠りから目が覚めて

ひどい腰痛で、その事(麻酔)を思い出しました

 

最後に

何事にもリスクリターンがあって

どんなに考えても

難しい物は難しいし

痛い物は痛いのだなぁ

と言う感想で〆ときます

愛とはいったい(哲学)

恋愛論だと思ったか?

残念!、これは武術論だ!

後今酒飲んで酔ってる

 

3/31  言葉使いが悪い部分を修正します 

 

 

愛とはいったい

スガシカオのインディーズ時代の曲

って解った人は私をスガフェスに連れてって下さい、それがあなたの使命です

 

さて、では真の武とは

からはじめよう

ある人は言った、たしかバガボンドに出てきた達人だったかバキの渋川の師匠だったか忘れたけど

 

真の武とは、そもそも戦わない事

すなわち、空

とかなんとか

 

まぁ矛盾してるようなしてないような

 

さて、とりあえず現代格闘技

現代スポーツにおいて

重要なワードが存在する

 

それは「脱力」

つまり力を抜く事

バキによると中国拳法の消力

シャオリーと読む

 

心の世界にもそんなシャオリーの達人を題材にした漫画があって

シャーマンキングの主人公

麻倉葉、君

実は私が五行に興味を持ったのも実は

シャーマンキングのラスボスのハオが原因だったりする

 

人生にせよ競技にせよ

ようわ楽に、リラックスしてたほうが

上手くいくわけです

 

まぁそんな事を意識しながら生きてると

カラーバス効果(調べろ)ってのがあって

「カラーバス効果」の検索結果 - Yahoo!検索

パーツが集まって

その内理論が完成すんだよね

 

で、消力、真の消力ってなんぞ?

って話し

 

結論からいうと愛

なんだな

 

筋肉が弛緩と収縮する原理ってのは

トランプの束が重なった見たいな感じで

それが伸び縮みするんだけど(気になったら調べろ)

「筋肉 弛緩と収縮」の検索結果 - Yahoo!検索

 

で、なんだっけ?

ああそうそう

ようするに、死ぬ

意識が無い、意識してないと

死後硬直みたいに筋肉が硬直

つまり収縮=緊張するって話し

 

ようは意識的に弛緩、

リラックスする技が

消力(シャオリー)って事

 

で、ようやく愛に繋がるんだけど

消力ってのはびっくりしたり

すると筋肉が緊張して失敗しちゃう

 

そしてその緊張の正体が恐怖

 

つまり恐怖心の反対である愛を満たせば

恐怖心を愛に変えれば

消力が完成するって事

 

そして恐怖心を愛に変える方法

それは理解

 

 

 

なんかめんどくさくなってきたので

詳しい解説は次回!!